活動報告

2016.10.28

看護師向けセミナー
「乳がん患者のセルフケア」参加者募集のお知らせ

※定員に達したため、お申し込み受付を終了しました。多数のお申し込みをいただきありがとうございました。
 グンゼ株式会社(大阪市北区)と大阪府立成人病センター(大阪市東成区)は、乳がんの手術をされた患者様のQOL向上のために、下着の有用性に関する共同研究を行いました。
 セルフケアと下着の大切さを中心に、研究の結果や医療現場での皮膚トラブルの対処法などをわかりやすくご紹介する、看護師向けセミナーです。

【日 時】 11月27日(日) 13:00~15:30(予定)
【会 場】 ハービスPLAZA 5階会議室 http://www.herbis.jp/access/
大阪市北区梅田2丁目5-25(5階入口に案内板がございます)
JR大阪駅より徒歩約7分 地下通路よりお越しいただけます。
【参加費】 無料・ご試着品付き (最後に簡単なアンケートをお願いします)
【内 容】
第1部 13:00~13:40(予定)
「乳がん患者の皮膚トラブル」
<演者>
大阪府立成人病センター乳がん看護認定看護師 渋谷和代
「医療現場で求められている肌着とは」
<演者>
グンゼ株式会社 研究開発部 川崎陽子
「外科」「抗がん剤」「放射線」治療の皮膚トラブルと対処法をご紹介します。
皮膚症状に応じた、下着の選び方や素材などサンプルを使って解説します。
第2部 13:40~14:40(予定)
パネルディスカッション
「医療現場におけるセルフケアの指導について」
<司会>グンゼ株式会社 柳井里予
<パネラー>大阪府立成人病センター 乳がん看護認定看護師 渋谷和代
八尾市立病院 乳がん看護認定看護師 吉野知子
大手前病院 がん放射線療法看護認定看護師 岡田珠美
乳がんの手術後と放射線治療後の方に実施した試着試験の研究内容や
医療現場の対応などを、パネルディスカッション形式で行います。
<休憩>14:40~14:50
第3部 14:50~15:20(予定)
質疑応答(第1部・第2部に参加された方々)
「皆様の疑問にお答えします」
事前に、そして当日いただいた質問を、各パネリストがお答えします。
普段感じていることや事例などを、それぞれの立場からアドバイスします。
※会場内では、開発したメディカル衣料の製品を、ご自由にご覧いただけます。
※試作品を展示しますので、ご意見などもお聞かせ下さい。
【定 員】 参加申込人数が定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきます。
【申込方法】 電話・FAX・メールでお申込み下さい (グンゼQOL研究所・セミナー受付係)
●電話 0773-42-8033 9:30~17:00(土日除く)
●FAX 0773-42-2887 申込書のダウンロードはこちら(PDFファイル)
●メール 
※お名前と人数、ご連絡先をお願いいたします。
※またお聞きになりたいことがあれば、お知らせ下さい。

ー TOPへ戻る ー

ページ先頭へ