もっともっと、メディキュア!

看護師さんが教える!お腹の手術後のケアポイント

2020年8月5日

看護師さんが教える!お腹の手術後のケアポイント

帝王切開や婦人科系の手術など、お腹の手術は女性にとって意外と身近なものです。そんなお腹の手術後のケアには、痛みのケアと創あとのケアが大切です。

記事はこちら

乳がん放射線治療時の肌のお悩み対策 ②

2020年7月29日

乳がん治療経験者のお悩み調査 ②

乳がん放射線治療時の肌のお悩み対策①では、放射線治療におけるスキンケアの重要性についてご紹介しました。今回は、下着でできる肌のお悩み対策についてご紹介します。

記事はこちら

乳がん放射線治療時の肌のお悩み対策 ①

2020年7月15日

乳がん治療経験者のお悩み調査 ①

放射線治療中には肌トラブルが発生しやすく、スキンケアが大切です。 治療中、治療後のお悩み対策について、2回にわたりご紹介します。

記事はこちら

乳がん治療経験者のお悩み調査 ②

2020年7月1日

乳がん治療経験者のお悩み調査 ②

「乳がん治療経験者のお悩み調査①」では、乳がん治療経験者が抱える体のお悩みについてご紹介しました。今回は、メディキュア 前開きハーフトップの着用感に関する声をご紹介します。

記事はこちら

乳がん治療経験者のお悩み調査 ①

2020年6月17日

乳がん治療経験者のお悩み調査 ①

近年、患者数が増加している乳がん。今では女性の10人に1人が乳がんに罹患するといわれています。そんな乳がんの治療経験者から寄せられたお悩みをご紹介します。

記事はこちら

腹部手術後の下着のお悩み ②

2020年6月3日

腹部手術後の下着のお悩み ②

「腹部手術後の下着のお悩み①」では、腹部手術経験者から寄せられた下着に関するお悩みをご紹介しました。今回は、腹部の手術経験がある方を対象に実施した「メディキュア ハイウエストショーツ」の試着モニター結果をご紹介します。

記事はこちら

腹部手術後の下着のお悩み ①

2020年5月20日

腹部手術後の下着のお悩み ①

腹部の外科手術後に、下着でお悩みの方が多いのはご存じでしょうか。
グンゼは、「Peer Ring」会員さまにご協力いただき、腹部手術を経験した女性が抱える「下着に関するお悩み」を調査しました。

記事はこちら

メディキュア開発ストーリー ⑤

切ってもほつれにくい!!万能選手のカッティングチューブ

2020年5月7日

切ってもほつれにくい!!万能選手のカッティングチューブ

一見ただの布に見えるカッティングチューブですが、その独特のパワー感と、切ってもほつれにくい素材だからこそ、便利なことがたくさんあります。

記事はこちら

メディキュア開発ストーリー ④

前開きハーフトップで活きたグンゼの職人技‼

2020年4月22日

前開きハーフトップで活きたグンゼの職人技‼

腕が上がらない時に便利な「前開き」の商品。実は、「前開き」を実現するための細かな仕様にも、肌当たり軽減のためのこだわりが隠れています。

記事はこちら

メディキュア開発ストーリー ③

「袖だけほしい!?」予想外の声から生まれたアーム・レッグカバー

2020年4月8日

患者さんファーストから生まれた低刺激インナー

医療の現場で「スキン-テア」対策として活用されているアーム・レッグカバー。開発のきっかけは、看護師さんからの驚きの一言でした。

記事はこちら

メディキュア開発ストーリー ②

患者さんファーストから生まれた低刺激インナー

2020年3月25日

患者さんファーストから生まれた低刺激インナー

低刺激インナーの開発から始まったメディキュアブランド。グンゼの技術力と、患者さんの肌と心に寄り添うことから生まれました。

記事はこちら

メディキュアレポート Vol.1

女性視点からのスタート、土井先生の乳がん治療を“支える”想い(後編)

2020年3月4日

女性視点からのスタート、土井先生の乳がん治療を“支える”想い(前編)

長年、女性の視点で乳がん治療に携わってこられ、湘南記念病院 乳がんセンターにて「支える治療」を実践されている、センター長の土井卓子先生にお話をお聞きしました。

記事はこちら

メディキュアレポート Vol.1

女性視点からのスタート、土井先生の乳がん治療を“支える”想い(前編)

2020年2月26日

女性視点からのスタート、土井先生の乳がん治療を“支える”想い(前編)

長年、女性の視点で乳がん治療に携わってこられ、湘南記念病院 乳がんセンターにて「支える治療」を実践されている、センター長の土井卓子先生にお話をお聞きしました。

記事はこちら

アデランス病院内ヘアサロン「こもれび」×「メディキュア」取材レポート

第2回「美容室こもれび」静岡県立静岡がんセンター店

声に耳を傾け、心に寄り添って。患者さまの笑顔が力に。

2020年2月19日

声に耳を傾け、心に寄り添って。患者さまの笑顔が力に。

取材にご協力いただいた「美容室こもれび」静岡県立静岡がんセンター店 三森妙子店長。

総合毛髪関連企業のトップランナー、株式会社アデランスは国内に32店舗(2020年1月末日時)の病院内ヘアサロンを直営展開しています。その一つ「美容室こもれび」静岡県立静岡がんセンター店は、2002年に1号店としてスタート。ヘアサロンメニューやウィッグに加え、最近ではメディキュアの商品も取り扱っています。長年築いてきた患者さまや病院との信頼関係、患者さまからの貴重なお声など、草分け的存在ならではの苦労秘話をご紹介します。

記事はこちら

アデランス病院内ヘアサロン「こもれび」×「メディキュア」取材レポート

第1回「ヘアサロン こもれび」 大阪国際がんセンター店

私たちの想いは、ひとつ。病気と向き合う患者さまを支えるケアを。

2020年2月19日

私たちの想いは、ひとつ。病気と向き合う患者さまを支えるケアを。

取材にご協力いただいた「ヘアサロンこもれび」大阪国際がんセンター店 平山 和久店長

総合毛髪関連企業のトップランナー、株式会社アデランスは国内に32店舗(2020年1月末日時)の病院内ヘアサロンを直営展開しています。その一つである「ヘアサロンこもれび」大阪国際がんセンター店では、2017年からメディキュアの商品をご紹介いただいています。治療に向き合う患者さまのアピアランスケア(外見支援)と肌のセルフケアを支える、私たち2社の想いと取り組みをご紹介します。

記事はこちら

刺激を減らしてかゆみを軽減!肌着選びのポイント4つ

2020年1月14日

刺激を減らしてかゆみを軽減!肌着選びのポイント4つ

冬になると肌がかゆくなり、無意識のうちにかきむしってしまうことはありませんか?
それは肌の乾燥が原因かもしれません。
肌は乾燥すると、かゆみを感じるセンサーが敏感になってしまうのです。
かゆみを軽減するために、クリームや保湿剤で保護するだけでなく、肌に直接身につける肌着を工夫してみませんか?

記事はこちら

冷えでお悩みのあなたに〜腹巻・肌着を活用した効果的な冷え対策〜

2019年12月20日

冷えでお悩みのあなたに〜肌着でできる冷え対策〜

冬の寒さだけでなく、夏でもクーラーが効きすぎて体が冷えるなど、一年を通して「冷える」環境は多くあります。
「冷えは万病のもと」ともいいますよね。 今回は冷え対策として、お腹をあたためる肌着の効果的な活用方法をご紹介します。

記事はこちら

日焼けした肌にやさしい肌着とは?

2019年10月21日

日焼けした肌にやさしい肌着とは?

わたしたちは一年をとおして紫外線を浴びていますが、肌トラブル対策のため、日焼け止め、日傘、UV加工がされている衣類などを使用されていると思います。
今回は、紫外線と衣類(肌着)の関係ついてご紹介します。

記事はこちら

汗の不快感を軽減する肌着の選び方

2019年10月15日

汗の不快感を軽減する肌着の選び方

夏の暑さや冬の暖房などで汗をかくと、臭いが気になったり、べたつきで不快に思うことがあります。
また、かいた汗をそのまま放置すると、肌トラブルの原因になることも。
今回は、汗の不快感を軽減する肌着の選び方についてご紹介します。

記事はこちら

メディキュアを見たい!買いたい!
越屋メディカルケア社 東京ショールームのご紹介

2019年10月8日

メディキュアを見たい!買いたい! 越屋メディカルケア社 東京ショールームのご紹介

最近「メディキュアの商品をみられる場所はありませんか?」という問合せを多くいただきます。
実はメディキュアは越屋メディカルケア社の東京ショールームでもご覧いただけます。
今回は、そのショールームの様子をご紹介します。

記事はこちら